Optimized Design

最先端技術を採用

最高レベルの運航経済性と最も快適な客室空間、そして環境に優しい機体。最先端技術を適用した次世代設計がこれを実現しました。MRJはリージョナルジェットの新たなスタンダードを創造します。

Clean Sheet

挑戦と革新

最先端技術と次世代の設計技術を適用するため、MRJは一から新たに設計されました。様々な技術課題に挑戦し、それを克服してきた結果、MRJは最も高効率で、快適かつ信頼性の高い機体となりました。

Engine

最新鋭エンジンの搭載

MRJは、Pratt & Whitney社製の次世代エンジンPratt & Whitney GTF™(※)の搭載を世界で最初に決定した機体です。MRJは、Pratt & Whitney GTF™ PW1200Gエンジンの性能を最大限に引き出すよう設計しました。また、新ギアシステムの採用により、ファンと低圧コンプレッサー及び低圧タービンを最適なスピードで回転させることで、圧倒的な燃費性能を実現しました。さらに、従来エンジンと比較してタービン翼を60%減少させたことで、整備費を大幅に低減しました。
(※) GTF=geared turbofan engine

Advanced Aerodynamics

美しさに現れる優れた空力性能

先進の空力設計技術によりMRJの美しい機体デザインは生み出され、燃費性能の向上と騒音低減に貢献しています。

Newest Flight Deck

最先端のフライトデッキ

Rockwell Collins社の最新鋭フライトデッキPro Line Fusion®を搭載。4面の15インチ大型液晶ディスプレイにより、飛行状況や地形情報等の状況視認性を向上させ、さらにフルフライバイワイヤーを採用したことで、パイロットのワークロードを大幅に低減します。

Specifications

MRJ90
MRJ90 Variants   MRJ90STD MRJ90ER MRJ90LR
座席数   88 (Typical single class at 31" pitch)
貨物スペース m3 (ft3) 18.2 (644)
エンジン   Pratt & Whitney PurePower® PW1217G Engine
エンジン推力 kN (lbf) 78.2 (17,600) x 2
最大離陸重量 kg (lb) 39,600 (87,303) 40,995 (90,378) 42,800 (94,358)
最大着陸重量 kg (lb) 38,000 (83,776) 38,000 (83,776) 38,000 (83,776)
最大無燃料重量 kg (lb) 36,150 (79,697) 36,150 (79,697) 36,150 (79,697)
航続距離[@ 88 PAX x 102 kg (225lb)] km (nm) 2,120 (1,150) 2,870 (1,550) 3,770 (2,040)
最大運用マッハ数   M 0.78 M 0.78 M 0.78
最大運用高度 m (ft) 11,900 (39,000) 11,900 (39,000) 11,900 (39,000)
離陸滑走路長 (MTOW, SL, ISA) m (ft) 1,490 (4,890) 1,600 (5,250) 1,740 (5,710)
着陸滑走路長(MLW, Dry) m (ft) 1,480 (4,860) 1,480 (4,860) 1,480 (4,860)
LOPA 88 seats MRJ90
Typical Single Class
88 Economy-class Seats / 31” Pitch
LOPA 92 seats MRJ90
Maximum Capacity
92 Economy-class Seats / 29” Pitch
LOPA 72 seats MRJ90
Typical Dual Class
9 Business-class Seats / 36” Pitch
72 Economy-class Seats / 30” Pitch
MRJ70
MRJ70 Variants   MRJ70STD MRJ70ER MRJ70LR
座席数   76 (Typical single class at 31" pitch)
貨物スペース m3 (ft3) 18.2 (644)
エンジン   Pratt & Whitney PurePower® PW1215G Engine
エンジン推力 kN (lbf) 69.3 (15,600) x 2
最大離陸重量 kg (lb) 36,850 (81,240) 38,995 (85,969) 40,200 (88,626)
最大着陸重量 kg (lb) 36,200 (79,807) 36,200 (79,807) 36,200 (79,807)
最大無燃料重量 kg (lb) 34,000 (74,957) 34,000 (74,957) 34,000 (74,957)
航続距離[@ 76 PAX x 102 kg (225lb)] km (nm) 1,880 (1,020) 3,090 (1,670) 3,740 (2,020)
最大運用マッハ数   M 0.78 M 0.78 M 0.78
最大運用高度 m (ft) 11,900 (39,000) 11,900 (39,000) 11,900 (39,000)
離陸滑走路長 (MTOW, SL, ISA) m (ft) 1,450 (4,760) 1,620 (5,320) 1,720 (5,650)
着陸滑走路長(MLW, Dry) m (ft) 1,430 (4,700) 1,430 (4,700) 1,430 (4,700)
LOPA 76 seats MRJ70
Typical Single Class
76 Economy-class Seats / 31” Pitch
LOPA 80 seats MRJ70
Maximum Capacity
80 Economy-class Seats / 29” Pitch
LOPA 69 seats MRJ70
Typical Dual Class
9 Business-class Seats / 36” Pitch
60 Economy-class Seats / 30” Pitch

Efficiency - Lower Operating Cost

最高レベルの運航経済性

最新鋭エンジンの搭載と先進の空力設計技術により、MRJはこれまでのリージョナルジェットにはない高い燃費性能をもたらします。同時に、整備費低減とMRJファミリー機種間の高い共通性(コモナリティ)により、MRJは同クラス最高レベルの運航経済性を実現しました。

Fuel Efficiency

最も優れた燃費性能

最新鋭エンジンの搭載、優れた空力設計技術および高アスペクト比の主翼により、MRJは従来機と比較して20%の優れた燃費性能をもたらします。

Maintenance

整備費の低減

MRJは開発初期段階から整備費低減を考慮し、整備のし易い部品の配置や整備プログラムの設定を行いました。搭載する最新鋭エンジンやその他の装備品も、高い信頼性を誇り、整備費の低減に大きく貢献しています。

Highest Commonality

MRJファミリーの共通性

MRJはファミリー機種間の共通性を最大限に高めたことで、機体導入コストの削減や整備・運航効率の向上を実現します。

  • 共通のパイロットタイプレーティング
  • 共通のエンジン
  • 共通の整備プログラム
  • 共通のスペアパーツ

Range Capability

優れた航続性能

MRJは、全世界の地域航空ネットワークを十分にカバーできる航続性能を有しています。

Enhanced Passenger Experience

最も快適な客室空間

客室の快適性は、乗客にとって最も重要な要素です。そして、乗客はエアラインにとって最も大切な存在です。そこで、MRJはこれまでで最も快適な客室空間の実現を目指し、貨物スペースを全て機体後方に集約することで、従来のリージョナルジェットにはない広い客室スペースを確保しました。MRJの客室はリージョナルジェットの室内に「快適さ」という新しい価値を提供します。

Spacious Cabin

広いスペースと快適性

MRJに搭乗した瞬間から、これまでのリージョナルジェットとはどこか違うと感じられます。同クラスで最も天井が高く、また幅の広い客室は明るくそして広々としています。また、搭載するスリムシートは、乗客へ快適な座り心地と共に、より広い足元のスペースを提供します。

最も快適なエコノミークラス

  • 中央座席の無い横1列4席(2席+2席)の座席配置
  • 最も幅広い客室
  • 最も高い客室
  • 大型のオーバーヘッド・ビン
  • プレミアムクラスへのレイアウト変更も可能(2席+1席)

No Middle Seat

どの座席でも快適さを約束

窓側席が好きな人もいれば通路側席が好きな人もいます。しかし、中央座席を好む人はいません。そこでMRJの客室は中央座席を無くした横一列4席の座席配置としました。それにより、乗客はゆったりとした客室空間で、快適な空の旅を楽しむことができます。

A Better Window Seat

ゆとりのあるスペース

MRJは最も座席幅の広いエコノミークラスシートを採用しています。さらに、窓側席に座った際の頭や肩、腕の壁面とのクリアランスを最も広く確保し、どの座席に座ってもゆとりのあるスペースを確保できるようにしました。

Larger Overhead Bins

大型のオーバーヘッド・ビン

MRJの大型のオーバーヘッド・ビンは、IATA推奨の機内持ち込み可能な最大サイズのバッグを収納可能です。

Lighting

LED照明の搭載

MRJの客室内の照明全てに使用しているLED照明は、機内を明るく灯すと共に消費電力や整備費を削減します。

Environment

環境にやさしいMRJ

MRJは最新の騒音基準や排出ガス基準を十分に満たす同クラスで最も静かで最もクリーンなリージョナルジェットです。

Lowest Emissions

排出ガスを大幅に削減

MRJは、最新鋭エンジンの搭載により排出ガスを大幅に削減し、同クラスで最も環境にやさしいリージョナルジェットです。最新の排出ガス基準ICAO CAEP/8を十分に満たしています。

Lowest Noise

最も静かな機体

最新鋭エンジンの搭載と先進の空力設計技術により、MRJは従来機と比較して騒音面積を40%削減します。MRJの騒音レベルは、将来施行されるICAO CAEP Chapter 14の騒音基準をすでに大幅に下回っています。

Craftsmanship

高性能・高品質へのこだわり

三菱航空機の根幹には、これまでに培った経験と卓越した技術、そして一切の妥協を許さない品質へのこだわりがDNAとして受け継がれています。伝統と革新。情熱とプライド。これらがMRJという形となって世界の空へ羽ばたきます。

Built in Japan

ものづくりへの情熱

「改善」は、世界において高い競争力を誇る日本の製造業の強みのひとつです。三菱航空機においても性能、品質、生産工程等を継続的に向上させていく原動力の一つとなっています。

Quality

高い信頼性を約束

最先端技術をインテグレートすることが要求される航空機開発において、MRJは高いレベルの品質と信頼性を実現するため、全従業員とパートナーが一丸となって品質管理を徹底しています。

Mitsubishi Heavy Industries (MHI)

この星に、たしかな未来を

三菱航空機の親会社である三菱重工は、130年以上の歴史と多岐にわたる製品群を持つ世界でも最も高度な技術を保有する、日本を代表する重工業メーカーです。

  • 民間機事業
  • 船舶・海洋事業
  • 宇宙事業
  • 物流機器
  • 火力発電システム事業
  • 化学プラント事業・交通システム事業