Efficiency - 20% Lower Operating Cost

最高レベルの運航経済性

最新鋭エンジンの搭載と先進の空力設計技術により、MRJはこれまでのリージョナルジェットにはない高い燃費性能をもたらします。同時に、整備費低減とMRJファミリー機種間の高い共通性(コモナリティ)により、MRJは同クラス最高レベルの運航経済性を実現しました。

Fuel Efficiency

最も優れた燃費性能

最新鋭エンジンの搭載、優れた空力設計技術および高アスペクト比の主翼により、MRJは従来機と比較して20%以上の優れた燃費性能をもたらします。

Fuel savings you can take to the bank

従来機4機が消費する燃料で、5機のMRJの運航が可能です。
(500 nm trip length)

Maintenance

整備費の低減

MRJは開発初期段階から整備費低減を考慮し、整備のし易い部品の配置や整備プログラムの設定を行いました。搭載する最新鋭エンジンやその他の装備品も、高い信頼性を誇り、整備費の低減に大きく貢献しています。

Highest Commonality

MRJファミリーの共通性

MRJはファミリー機種間の共通性を最大限に高めたことで、機体導入コストの削減や整備・運航効率の向上を実現します。

  • 共通のパイロットタイプレーティング
  • 共通のエンジン
  • 共通の整備プログラム
  • 共通のスペアパーツ

Range Capability

優れた航続性能

MRJは、全世界の地域航空ネットワークを十分にカバーできる航続性能を有しています。