PRINT

三菱航空機とボーイング、MRJのカスタマー・サポートに関する契約を締結

2011年6月22日パリ発 三菱航空機とボーイングは、三菱航空機が開発を進める次世代リージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)のカスタマー・サポートをボーイングが提供することで合意、本日、パリで開催中のエアショーにおいて両社よりその業務体制を発表しました。

三菱航空機株式会社の江川豪雄社長は、「本日、ボーイング社とMRJのカスタマー・サポート支援に関する契約を締結しました。MRJはこれまでの常識を覆す革新的な航空機であり、21世紀の時代にふさわしい航空機です。この度の契約で、ボーイングの支援により最良のカスタマー・サポートをお客様に提供することが可能になり、お客様の競争力と収益力の向上に大きく貢献します。さらに、この協業により、三菱航空機とボーイング社の関係が大きく発展してゆくものと確信しています」と語っています。

当契約の下、ボーイング民間航空機部門内のボーイング・コマーシャル・アビエーション・サービセズは、MRJの部品調達・在庫計画の策定、現地サービスを含めた各種サービスの運営など、24時間/365日体制でカスタマー・サポート サービスを提供します。三菱航空機は、既に業界内で高い評価を獲得しているボーイングのカスタマー・サポートを活用しながら自社によるカスタマー・サービス体制の構築を目指す一方、MRJの営業活動を強化します。

ボーイングの民間航空機部門社長兼CEOのジム オルボーは、「三菱航空機のカスタマー・サポートを支援出来ることを非常に嬉しく思います。当社のゴールは、ライフサイクルを通してMRJの価値を最大限に高めることであり、それが三菱航空機の市場での競争力強化につながるものと確信しています」と述べています。

ボーイングはまた、三菱航空機独自のサービスとメンテナンス用ウェブサイトを展開するための最新テクノロジーも提供します。このウェブサイトは利便性も高く、メンテナンスや交換部品の必要性を予測、検知するために必要なアプリケーションとデータをユーザーに供給します。

このウェブサイトは、ボーイングのお客様用ウェブサイトであるMyBoeingFleet.comを基に作成されるもので、航空機データをリアルタイムでモニター、収集、解析するボーイングのAHM(Airplane Health Management System)を活用する際のツールにもなります。MRJの運航会社は、このウェブサイトを利用することにより、最短時間でのメンテナンス作業が可能となります。

ボーイングは、三菱航空機の主出資者である三菱重工業と、ボーイング製民間航空機および戦闘機の製造面で長年にわたる友好関係を築き上げてきています。

三菱航空機株式会社について
三菱航空機株式会社は、世界最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備える70〜90席クラスの次世代リージョナルジェット機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の設計、型式証明取得、資材調達、販売、カスタマー・サポートなどを担当する事業会社として2008年4月1日に事業を開始した。現在の資本金は1,000億円で、三菱重工、トヨタ自動車、三菱商事、住友商事、三井物産他数社が出資している。

ボーイング・コマーシャル・アビエーション・サービセズについて
ボーイング民間航空機部門に属するボーイング・コマーシャル・アビエーション・サービセズは、長年にわたるその経験と手腕とを駆使し、ライフサイクルを通したソリューションやエンジニアリング サービスなどを提供することで航空輸送業界の発展に貢献しています。
24時間稼働するネットワークと施設を世界中に網羅し、各航空会社のニーズに対応した様々な航空輸送ソリューションを提供、スペア部品、トレーニング、メンテナンス・ドキュメント、技術的なサポートなど、航空機の安全性と効率性の両面で航空会社をサポートしています。