PRINT
三菱航空機株式会社

三菱航空機ニュースNo.41

米国ワシントン州モーゼスレイク空港を拠点とした
飛行試験実施を決定

2014年7月14日 英国ハンプシャー州ファンボロー発:
三菱航空機は、米国ワシントン州モーゼスレイク空港を拠点として、三菱リージョナルジェット(MRJ)の飛行試験の一部を実施することを決定しました。また、飛行試験の分野で豊富な実績を持つ米AeroTEC社の協力を得て、飛行試験を進めていくことで基本合意しました。
今後、来秋にも予定している同空港を拠点とした飛行試験に向けて、具体的な準備作業に着手していきます。

モーゼスレイク空港を米国の飛行試験拠点に選定したのは、ワシントン州が航空宇宙産業の一大集積地であることに加え、特定の飛行試験に必要な長距離滑走路を備えている、定期便がなく離発着の自由度が高い、晴天率が高いなど飛行試験拠点としての主要要件をすべて満たしているためです。

AeroTEC社は、シアトルやモーゼスレイクに拠点を置くエンジニアリング会社です。三菱航空機は2011年に同社と飛行試験計画に関するコンサルタント契約を締結しており、今回の合意を受け、飛行試験実施についても協力して取り組んでいくことになります。

今回の決定について、米国ワシントン州のジェイ・インスリー知事は以下のようにコメントしています。「これまで約100年にわたり、世界指折りの民間航空機がワシントン州から初めて大空へ飛び立っていきました。このたびの三菱航空機とAeroTECのパートナーシップ締結で、たえず業界をリードしてきたワシントン州の航空宇宙産業の歴史に、新たにMRJが加わることになり、大変嬉しく思います。MRJは大幅な燃費低減を実現するとともに、騒音、排出ガスも飛躍的に削減する航空機です。その安全性と市場価値を証明するロケーションとしてここワシントン州を選んでいただき、光栄に感じております。これを契機に、ワシントン州と日本がこれまで築いてきた経済的、文化的友好関係がさらに深まることでしょう。このたびの三菱航空機、AeroTEC、モーゼスレイク空港のパートナーシップに、心よりお祝い申し上げます。ワシントン州の空にMRJが舞い上がる日を楽しみにしています。」

三菱航空機は、お客様の競争力と収益力の向上に貢献できる、高い安全性と性能を兼ね備えたMRJの引渡しに向け、全力で開発に邁進してまいります。



以 上

MRJについて
三菱リージョナルジェット(MRJ)は、三菱航空機が開発する70~90席クラスの次世代民間旅客機です。世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、最新鋭エンジンの採用により、大幅な燃費低減と騒音・排ガスの削減を実現します。圧倒的な運航経済性と環境適合性により、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献します。また、1列4席の配置、大型オーバーヘッド・ビンの装備などの採用により、これまでのリージョナルジェット機にはない快適な客室空間を提供します。