JAL
三菱重工
PRINT

JALグループ、次世代リージョナルジェット機としてMRJの導入を決定

2014年8月28日
日本航空株式会社
三菱航空機株式会社

Jal

日本航空株式会社(以下「JAL」)と三菱航空機株式会社(以下「三菱航空機」)は、JALグループの次世代リージョナルジェット機として「三菱リージョナルジェット(MRJ)」 32機を導入することについて、基本合意に至りました。2021年中を目途にJALグループの株式会社ジェイエアによる国内線での運航を計画しております。

三菱航空機は、国産初のジェット旅客機として2017年の初号機納入を目指して「MRJ」を開発中ですが、リージョナルジェット機を運航するネットワークキャリアであるJALグループとしても、エアラインとしてのノウハウを活用して、「MRJ」の導入のみならず、三菱航空機に対し全面的な支援を行うことで、世界に誇れる国産ジェット旅客機の誕生に貢献してまいります。

新開発のエンジンを装着し、在来同サイズ機との比較で大幅な燃費改善が見込まれるなど、優れた経済性を有する「MRJ」を、JALグループの地方ネットワーク路線運営の主力機として活用し、お客さま視点にたって商品・サービス品質の向上に取り組むとともに、お客さまにご利用いただきやすいネットワークの構築に努めてまいります。
三菱航空機が提供するJALグループの新しい翼にどうぞご期待ください。



以 上


MRJ について
「MRJ」は三菱航空機が開発する70~90席クラスの次世代民間旅客機です。世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、プラットアンドホイットニー(以下「PW」)社製の最新鋭エンジンの採用により、大幅な燃費低減と騒音・排出ガスの削減を実現します。圧倒的な運航経済性と環境適合性により、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献します。また、幅の広い座席、大型の手荷物収納スペースなどの採用により、これまでのリージョナルジェット機にはない快適な客室空間を提供します。