PRINT
三菱航空機株式会社

三菱航空機ニュースNo.47

MRJ 初飛行に向けた各種試験を本格化
~飛行試験機初号機のエンジンを初運転~
~全機静強度試験機の主翼上曲げ試験を実施~

2015年1月13日名古屋発:
三菱航空機は、本年第2 四半期に予定しているMRJ の初飛行に向けた各種試験を本格化しました。

13日、県営名古屋空港(愛知県西春日井郡豊山町)のエプロンにおいて、MRJ飛行試験機初号機右舷エンジンの試験運転を初めて行いました。エンジンの初運転によって、機体に搭載されたエンジンなどの動力系統、各種システム(油圧・燃料・空調・電気系統など)が機体として総合的に作動したことが証明されました。

また、昨年12月25日には、三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場(愛知県西春日井郡豊山町)に隣接する技術試験場において、全機静強度試験機の主翼上曲げ試験を実施しました。今回の全機静強度試験は、設計・製造された機体の強度が航空機を安全に飛行させるために必要な基準を満たしていることを検証する機体構造試験のひとつで、あらゆる飛行条件の中で想定される最大の力を負荷するもので、予測通りの試験結果が得られました。

三菱航空機は今後も、機体機能の確認や、開発上の技術試験など各種試験を進め、初飛行に向けて着実に取り組んでまいります。




以 上


MRJ について
三菱リージョナルジェット(MRJ)は、三菱航空機が開発する70~90席クラスの次世代民間旅客機です。世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、最新鋭エンジンの採用により、大幅な燃費低減と騒音・排ガスの削減を実現します。圧倒的な運航経済性と環境適合性により、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献します。また、1列4席の配置、大型オーバーヘッド・ビンの装備などの採用により、これまでのリージョナルジェット機にはない快適な客室空間を提供します。