PRINT

MRJ 32機の購入について正式契約を締結
初号機引渡しは2021年を予定

2015年1月28日
日本航空株式会社
三菱航空機株式会社

日本航空株式会社(東京都品川区、以下「JAL」)と三菱航空機株式会社(愛知県西春日井郡、以下「三菱航空機」)は、三菱リージョナルジェット(以下「MRJ」)32機(確定32機)の購入について正式契約を締結しました。両社は2014年8月28日にMRJ 32機の導入に関して基本合意をしており、本日、正式契約に至ったものです。
JALは、次世代リージョナルジェット機であるMRJの性能のみならず、導入後の運航支援などに関する三菱航空機からの提案を高く評価しています。三菱航空機にとって、MRJの合計受注機数は、今回の契約を含めると407機(確定223機、オプション160機、購入権24機)となります。JALへの納入は、2021年に開始する予定です。

契約した32機は、JALグループの株式会社ジェイ・エア(大阪府池田市、以下「ジェイ・エア」)が運航する予定です。JALグループは、MRJを地方ネットワーク路線の主力機として活用し、ご利用いただきやすいネットワーク構築に努めるとともに、商品・サービス品質の向上に取り組み、お客さまに最高のサービスを提供してまいります。また、リージョナルジェット機を運航する航空会社としてのノウハウを活用しながら、初の国産ジェット旅客機の誕生に向け、貢献してまいります。

三菱航空機は、次世代リージョナルジェット機MRJで大幅な燃費低減と騒音・排ガスの削減を実現し、将来、JALグループをはじめとする、航空会社各社の競争力と収益力に貢献していきます。今後とも、国内の航空機産業発展の一翼を担いつつ、MRJプロジェクトの成功に向けて邁進してまいります。


以 上


Jal

MRJ について
「MRJ」は三菱航空機が開発する70~90席クラスの次世代民間旅客機です。世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、プラットアンドホイットニー(以下「PW」)社製の最新鋭エンジンの採用により、大幅な燃費低減と騒音・排出ガスの削減を実現します。圧倒的な運航経済性と環境適合性により、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献します。また、幅の広い座席、大型の手荷物収納スペースなどの採用により、これまでのリージョナルジェット機にはない快適な客室空間を提供します。