PRINT
三菱航空機株式会社

航空宇宙事業で国際的な特殊工程審査の仕組みを活用
三菱重工業と三菱航空機がNadcapのSubscriberへ

2014年10月27日
三菱航空機株式会社
三菱重工業株式会社

三菱重工業と三菱航空機は、国内で初めて、世界の航空宇宙業界の主要プライム企業が活用しているNadcap(※1)のSubscriber(※2)となりました。
Nadcapはサプライヤの特殊工程管理(※3)に活用されているもので、これまでプライム企業は、それぞれのサプライヤに対して独自に特殊工程管理を審査していましたが、今後はプライム企業に代わりPRI(※4)が定期的にサプライヤの審査を実施し、プライム企業がその審査結果を合同で承認し、活用することで審査の標準化や審査数を削減させることができます。
また、既にNadcapを取得している殆どのサプライヤにとっては、プライム企業ごとに異なる審査を削減できるため、各プライム企業と共にメリットを享受することができます。さらに、Subscriberとなることで国際的なステータス向上が期待できます。
今後、三菱重工業と三菱航空機は、サプライヤの特殊工程管理に、より一層Nadcapの仕組みを活用して参ります。

※1 Nadcap(National Aerospace and Defense Contractors Accreditation Program)
米国のNPO組織であるPRI(Performance Review Institute)と航空宇宙業界の主要プライム企業らが運営・管理している国際的な特殊工程審査の仕組みです。Nadcap以前は、各プライム企業がそれぞれのサプライヤに対し独自に特殊工程管理を審査していましたが、Nadcapではプライム企業に代わりPRIが定期的にサプライヤの審査を実施し、プライム企業はその審査を合同で承認することで審査の標準化や審査数を削減させる取組みです。

※2 Subscriber
Nadcapに主体的に参画し、サプライヤにNadcap取得を要求するプライム企業のことです。

※3 特殊工程管理
特殊工程が規定通りに実施されているか確認することです。
特殊工程とは、工程の特性上、工程終了後の検査では品質の確認が不可能又は著しく不経済な工程などであり、一般には以下が該当します。
・熱処理(例:鋼材の焼き入れなど)
・表面処理(例:メッキなど)
・溶接
・複合材加工(例:複合材部品の成型、接着作業など)
・非破壊検査(例:放射線透過検査、磁粉探傷検査など)
・ショットピーニング

※4 PRIについては、http://jp.p-r-i.org/ をご参照ください。